本文へスキップ

あおい商店は砂金や天然石を採取する道具の専門店です。


トップページ > 砂金の採り方

  1. 砂金採りをするみんなにお願いしたいこと
  2. 日本の金鉱山と砂金の在り処
  3. 川に行く前に準備しよう
  4. 砂金はどこに隠れているのかな?
  5. パンニングとは
  6. パンニング皿について
  7. パンニング皿の使い方 練習
  8. 場所選びと砂の採取
  9. 情報収集
  10. 服装と持ち物
  11. モラルを守りましょう

砂金の採り方


【砂金採りをするみんなにお願いしたいこと】

河川は公共用物です。みんなが楽しく自由に遊んでいくために最低限のマナーは守りましょう。

  1. 掘った穴はもとに戻す。やりっぱなしにしない。もし知らずに人が通って穴につまづいたり転んだりしたら怪我のもとになります。また、穴だらけになったら景観を損ねてしまいます。
  2. ゴミはきちんと片付ける 。どんな遊びでも同じです。お出かけして遊んだら自分のゴミくらいは持ち帰りましょう。
  3. 人に教えてもらった産地は無闇に他言しない 。
    せっかく採れるよって教えてくれたのに他言することで産地が荒らされたら、秘密を教えた方も気分が良くないですよね。また、そこをメインの堀場にしている採り師の方々はとっても面白くないと思います。教わった堀場は秘密。そして人としてモラルを持って砂金採りを楽しみましょう。
  4. 砂金を採っていいのか河川を管理する役場・市役所で聞いてみよう。
  5. 釣り人がいたらやめよう。人の姿を見ただけでアマゴやイワナなどの魚は逃げてしまいます。遊漁券を購入した方に迷惑がかかります。
  6. 法律を調べると曖昧な表記がされており個人で判断するのは難しいです。
    その理由の一つに法律の表現が多義的であり様々な解釈の余地ある文面になっているからでしょう。砂金に限らず水晶や翡翠などの鉱物採集、流木拾いや化石採集にも当てはまります。
    どんな遊びも一般的な常識範囲内で楽しむ事が大事。
    河川敷にダンプカーで乗り入れて石を拾ったり、岩を崩して景観を損ねる行為は言語道断、駄目ですよね。
    もちろん、国立公園や保護区、既に禁止となっている場所等での採取は禁止ですよ。
砂金採りインストラクター




【日本の金鉱山と砂金の在り処】

砂金ガール
  • 日本には過去から多くの金鉱山がありました。今現在でも稼働している金鉱山があります。それらの金鉱脈から自然の力や風雨などによって金が流れ出て、川に流入します。これらを総称して砂金とよんでいます。河川で砂金を見つけるには以下の条件が揃っていると採取できる可能性が高くなります。
  1. 金鉱山がある(あった)
  2. 金鉱山(または金鉱山跡)の近くに河川がある
  3. 天然温泉の近くに川がある
  4. 川底が岩盤である
  5. 川の淀みや砂の上に鉄くずが溜まっている

日本の金鉱山



【川に行く前に準備しよう!】

  • 「パン皿を買ったから砂金採りをやってみよう!」 意気込みは分かります。 ちょっと待ってください。何事も準備が必要です。

  1. 砂金採りはじめてセットを買って必ず練習する
  2. 長靴や手袋、救急セットを準備する
  3. インターネット、Youtubeで取れる場所を特定する
  4. 経験者に川へ連れて行ってもらえないか頼んでみる
  5. 砂金と雲母の違いを勉強しておこう
雲母雲母

雲母は指に乗せてこすると、バラバラになるので見分けがつきます。



【砂金はどこに隠れているのかな?】

砂金はどこに隠れているのかな
  • 【重要】 小さくて比重が重い砂金は、図のように川底に潜んでいます。 どれだけ頑張っても上層部の川砂から採れることは滅多にありません。 まずは上の石を除去しましょう。 次にカッチャやスコップで砂利を採取します。 すくい上げる際に水流で川砂が流されないように手早く作業します。 硬い地盤に突き当たるまで採りましょう。その上に砂金がいます。 それでは、砂金が採れやすいポイントをいくつかご紹介しましょう。


1.カーブした川の内側にある淀み 砂金の採れる場所
  • 上流から流れてきた砂金は、川がカーブした場所にぶつかり淀みの砂の中に隠れていることが多いです。

2.樹の根元が削られて出来たくぼみ 砂金は木の根元にも隠れている
  • 木の根元が削られるほど川の流れが当たる部分で良く発見されます。根や岩に当たって下に埋もれている可能性があります。


3.岩の下や割れ目、そこから生えた草の根、岩肌のコケ 大きな石の下
盤のすきま 岩の間
草根 草根
  • 山の川は雨で増水しやすく、すぐに水位が上がります。転がってきた砂金は岩の割れ目などに入るとなかなか出られなくなります。割れ目から生えている草の根に絡まっている場合もあります。そんな草を引き抜いて根に絡みついた土の中から砂金を探しだすことを通称「草根引き」と呼んでいます。


4.大きな石の下 砂金の採れる場所
  • 大きな岩の前後には砂金が挟まって溜まっていることがあります。川の流れが早い場合は岩を動かすと砂金が逃げてしまうので、岩の下の砂をハンドドレッジで採取しましょう。



【パンニングとは】

  • パンニング皿の中に土砂を水を入れて振ると、土砂は液状化現象でドロドロになり、比重が大きい砂金は底へと沈んでいきます。砂金が沈んだのを見計らって上の土砂を洗い流します。これを繰り返すことで最終的に砂金を取り出すことが出来ます。
    これらの一連の動作をパンニングといいます。比重の違いを利用して土砂の中から砂金を取り出す方法です。専門用語では比重選鉱といいます。
    ちなみに川に落ちている石の比重は平均で3程度です。それに対し砂金は18前後と大きいのが特徴です。



【パンニング皿について】

  • はじめてパンニング皿を購入される方へ。
  • 色んな種類があるけど、どれを買えばいいのかな?
  • 色や形、大きさまで様々です。当店では、「さあ、これから砂金採りをやるぞ」って方に以下のアドバイスをしています。

  • ●形
  • 色んな形がありますが、先ずは基本の円形から入りましょう。砂金採りにハマってしまうと自分に合ったパンニング皿が欲しくなってきます。基本をしっかりマスターしておけばどんなパンニング皿でも上手に使いこなせます。


  • ●大きさ
  • 当店では8インチ(直径約25センチ)から16インチ(直径約40センチ)まで取り揃えています。大きいから大人用、小さいものは子ども用と考えるのではなく、パンニング皿に土砂をてんこ盛りにして自分がどれだけの量の土砂を捌けるかを基準に考えたほうが良いでしょう。
  • 体力に自信があり一度に大量の土砂を捌きたい方は大きめのものを使います。

  • ●色
  • パンニングしている最中はずっと見つめているお皿。目が疲れない黒か緑色がオススメです。黒色は砂鉄が見えないという方もいますが、見るべきは金色の砂金です。もちろん、私は人と同じ色や嫌だって方は赤色のパンニング皿も用意してあります。

  • ●溝の形状
  • パンニングした土砂を捨てる際は溝を通すことで砂金が流れ出ないように考えられています。浅くて細かな溝は仕上げに使用します。どちらも範囲が広いものを選びましょう。
  • パンニング皿


パンニング皿の使い方 練習

  • 1.スコップなどで採取した砂をパンニング皿に入れて水中に沈めます。水の中でパンニング皿を揺することで、砂が泥々に柔らかくなり重い砂金は砂を潜ってお皿の底へと沈んでいきます。この工程が一番大事です。揺する量が少ないと砂金は後の工程で紛失しやすくなります。
  • パンニング

  • 2.大リップル(大きい溝)側を水につけて比重選鉱を行っていきます。
  • パンニング

  • 3.一度お皿を水平に戻してリセットします。
  • パンニング

  • 4.小リップル側を水につけて比重選鉱を行っていきます。砂が無くなってきて黒い砂鉄が残ってきます。砂がほとんど無くなるまで何回も繰り返しましょう。
  • パンニング

  • 5.いよいよ最終選鉱です。砂鉄の中から砂金を取り出します。慣れない方はスナッファーボトルで回収して家でゆっくりやりましょう。
  • パンニング

  • 6.顔に近づけて見れば見逃さないでしょう。慣れるには練習が必要です。
  • パンニング

  • 7.砂鉄の中から出てくる砂金を見つけると感動しますよ!
  • パンニング

場所選びと砂の採取

  • まずは砂金の溜まりやすい場所を探しましょう。岩畳みやポットホールが良いです。岩の間から生えている草の根っこにも付いている場合があります。場所を決めたら砂を採取しましょう。
  • 採取した砂は多くの泥や石ころが混ざっています。動画のようにスルースボックスを使用すると邪魔な砂や泥を洗い流すことが出来ます。
  • スルースボックスで綺麗にした砂から選別します。ターボパンは効率が良く取れる確立がアップします。いろんな道具がありますので、自分に合ったものを見つけましょう。川の中の石をどかして、下の砂を採集してみましょう。その中に砂金が眠っている事が多いです。

  • さあ、砂金を採ってみたいと思った貴方。自然の厳しさに返り討ちにあうかもしれません。しかし、思いがけないお宝を発見することも有ります。私が以前、探索中にクヌギの木に近づいたとき、足元にミヤマクワガタガが落ちてくることもありました。大自然の中で過ごした一日はあなたの心に、または家族の心に充実した思い出を残すでしょう。

  • それでは先ず、準備と知識が必要です。ここから一歩を踏み出しましょう。全国には砂金採り体験できる施設もあります。行ってみる事をお勧めします。


情報収集

  • 砂金採りについて考える
    全国には多くの金鉱山があります。また地図で調べると金に関連する町名がのっていたりします。例えば、金山町や金園町、金竜町などなど。怪しいと思いませんか?いろいろな所にヒントが隠されています。
  • 鉱業権がないか、立ち入り禁止区域ではないか。勝手に入ってはいけない山や川が有ります。下調べして必要であれば許可を取りましょう。下流で渓流釣りをしているのを見かけたら、その場は遠慮しましょう。


  • 服装と持ち物

  • 森を探索する
    ・危険動物、植物があります。特に草むらに入るときは長靴や長ズボン、長袖のシャツなどで肌の露出を少なくしましょう。ウルシの木に触れて後で痛い目にあう、なんてことはよくあります。
  • ・深追いしないこと。少しでも多く採ろうと山奥に入ったり、川の深場へ踏み入るのはやめましょう。晴れていても前日に雨が降った場合は増水しています。危険と感じたらやってはいけません。


  • モラルを守りましょう

  • 森の中の沢
    当店では「盤たたき」する行為はお勧めしません。盤たたきとは岩を砕き、その隙間に溜まった砂礫から砂金を採る方法です。天然の景観を損ね、破壊してまで採取する事はやめましょう。
  • たのしく自然と親しみましょう。穴を掘ったら埋め戻そう。むやみに野生植物を勝手に採取してはいけません。
このページの先頭へ

買取り


会員キャンペーン

登録するとポイントが貰える!

  • 購入するとポイント進呈!
  • 会員限定割引!
  • ポイントは無期限!
  • メルマガ登録